ローソンのアルバイトはきつい?仕事内容や時給などの評判は

MENU
 
時給(平均) 833.5円
年齢層(平均) 21才
忙しさ 時間によって忙しい
 

■良かった点などの評判
ローソンで働いてメリットだと感じる事はいくつかありますが、一つは会話をする事が楽しくなりました。同じクルーやお客さん、納品の業者の方など1日多くの人と会話する事が出来るので、会話をする事の楽しさやコミュニケーション能力が上達します。デメリットとしては、シフトの時間通りに上がれないという事です。忙しい時や、次のシフトの人が遅れていたりすると残らなければならないというデメリットがあります。

 

私は初めてのバイトでローソンの面接に行った時は、高校一年生で社会の事も全く知らず、面接もあまり上手く答える事が出来ませんでした。面接て聞かれた内容は、週どれくらい入れるかという事と土日に入れるかという事をまず聞かれました。後は学校の話や仕事内容の話など、面接というよりは世間話をして、最後にやる気の有無を問われました。

 

・きつい?仕事内容は?
私は高校一年生から大学卒業まで、7年間ローソンでアルバイトをしてきました。団地の中にある忙しいお店だったので、クルーの数も多く、メインはレジの仕事でした。品出しや納品のチェックもしましたが、私の中でローソンでの接客における一番はスピードだと思っていました。なので、なるべく早く、なおかつ丁寧に行う事が私の中での目標でした。完璧にレジが出来た時のお客さんから言われる感謝の言葉、ありがとうは最高の言葉です。

 

■良かった点などの評判
メリットは、マニュアル化されているので人によって差はありますが、ほとんどの人が問題なく仕事ができることです。そういった点では初めてのバイトにおすすめです。デメリットは、仕事に慣れてくるとやる気がなくなってしまうことです。メリットにマニュアル化されていると書きましたが、それは逆にやりがいを感じれられる仕事ではないということです。

 

私が面接で聞かれて印象に残っていることは、面接をしていただいたオーナーに「自己紹介、自己PRをして下さい」と言われたことです。ローソンで働く以前も何か所かバイトしていましたが、簡単な質問に答えるだけの面接ばかりでしたので予想外のことに少々驚いてしまいました。しかし、以前セブンイレブンでバイトリーダーの経験や発注などで成果もあげていたため、それが決め手になり面接に合格しました。

 

・きつい?仕事内容は?
私は主に夕方〜深夜で働いておりました。夕方の仕事は皆さんが想像されるようにレジ打ちやホットフードの調理が主です。深夜の仕事内容としては、店内中の掃除から始まります。やはり深夜はお客様が少ないので時間がかかる場所や普段は使用していて掃除できないもの(ホットフードを揚げる道具など)です。深夜帯は商品の搬入の量が多いため、掃除が終わり次第飲料など、量が多く時間がかかるものの品出しを始めます。他にもいろいろ業務はありますが、以上の2点が深夜帯の主な仕事になってきます。深夜帯のシフトはすることが多いですが、それを差し引いても多くの時間が残っているので時間をどう潰すかを日々考えていました。

 

■良かった点などの評判
メリットは、仕事内容は多いですが1つ1つは簡単で少し根性があれば誰でもできるところです。仕事内容は後述します。あと、他のサービス業をするときに必ずといっていいほど必要なレジ打ちが嫌っていうほどあるので、打ち方を身につけられます。僕は3ヶ月働きましたけど充分レジのやりかたはすぐわかりました。あとは、廃棄を頂けるところですかね、学生やフリーターには嬉しいと思います。デメリットとしては、社員さんが常にいるわけでないので、クレーマーの処理をすることがあることです。混んでるときのクレームは次のしごとの遅れに繋がるので要注意です。

 

コンビニバイトは3件受けたのですが、大体同じこと聞かれます。面接では、主に経験者かどうか、どのくらい入れるのか、どうしてここで働こうと思ったのかを聞かないところはなかったです。まず経験者かどうかですが、これは正直にない人はないと言うしかないですが、性格の明るさや元気さをアピールできればいいと思います。次に、どのくらい入れるのかですが、盛ると休みづらくなるので、正直に言った方がいいですが、採用がほしいなら1週に1日くらい盛ってみるのもありかと思います。最後に、なぜ働こうと思ったのかを聞かれるのですが、僕は正直にお金がほしいからと答えました。バイトなのでありだと思います。実際に受かりました。

 

・きつい?仕事内容は?
仕事内容は、レジ打ち、ホットスナックを作る、タバコ販売、ゆうパック受付、ドリンクを作る、冷蔵庫の温度チェック、ホットスナックの在庫確認、新聞と雑誌の返却、商品の陳列、お客様対応とたくさんあります。仕事1つ1つは難しくはないですがこの通りたくさんあってそれをお客様対応しながらなので、お昼や夕方帯は忙しかったです。ローソンが他のコンビニと違うことは、アイスコーヒーなどのドリンクは従業員が作ります。働いていた当時、各コンビニがコーヒーに力を入れ始めていた時期で夏場は半数ぐらいがコーヒーを注文していたので、この時期はセブンに移りたいと思いましたね。ローソンバイトはお客様対応やタバコ種類がわかったり、客や他の従業員を観察できて社会の勉強になりました。

 

■良かった点などの評判
コンビニはやはりバイトの基本ですので、このバイトをやっておけばバイトの基本を押さえられる事ができます。例えばレジ打ちや接客、清掃等といったアルバイトで最も多い人と対面する際に役に立つ事が多いです。逆にデメリットはやはり時給が低いという所です。ローソンはやはり98%がFCだという現実もあり、バックに大きな会社があるという訳では無いので時給を上げる事ができるお店が少なく、また本部に取られるロイヤリティも高額な上、24時間営業で人件費もかさむのでどうしても時給アップが難しいので、時給だけにウエートを置くなら難しいバイトだと思います。

 

ローソンはとにかく人手不足です。とにかく時給が低いという事もあり万年アルバイトが不足しています。その為特に問題が無ければ採用しようというお店も多いので、面接でいい加減な態度や髪の毛が長すぎたり、色が明るすぎたりしなければそれだけでかなり採用率が上がると思われます。それに加えて明るく面接をすればほぼ間違いなく合格になると思います。

 

・きつい?仕事内容は?
ローソンは意外な所がありまして、飲食店よりも衛生管理がとてもシビアなのです。といいますのも、ローソンでバイトをしていた時にチキンをフライヤーで揚げる際に飲食店では多くのお店では手で直接掴んでフライヤーに入れるのが一般的でして、過去にバイトをしてきた飲食店は4店舗あり、このどれもが誰もが知っている大手企業なのですが皆普通に直接手で触ってフライヤーに入れるのですが、ローソンではそれはNGでして触った瞬間に廃棄にされます。私が働いていたローソンはお世辞にも売り上げが高いとはいえないお店だったのですが、それでも触ってしまったチキンを勿体ないという感情は一切無く廃棄されました。それ位衛生管理が高いといいますか、当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、飲食店でやっていない事をローソンができているというのがとてもびっくりしました。

 

■良かった点などの評判
ローソンバイトとはいえお客様との接客が重要となります。人との接点は多いですし接客を学ぶことが出来るののがメリットだと思います。また、レジだけではなく雑誌の設置や返本作業、ホットフードの管理、清掃、商品の管理や発注とする仕事も多様化していて身につくスキルも多いのも利点です。デメリットは複雑な仕事量に比べて給料が安い点です。一見誰でも出来そうと感じますが、これがなかなか大変です。私の勤務していた時間は深夜だったので通常時給850円に深夜手当てが200円加算されたのでそれなりでしたが、夜通し働くならもっと時給の高い仕事もあるので収入面の低さがデメリットだと思います。

 

ローソンバイトは一見簡単そうに見えるけど、仕事はレジだけではないと最初に言われました。ホットフードの管理、雑用、特にジュースケースの運搬は力仕事で体力的にもキツイが出来るのか?と聞かれました。これに対してはい、体力面は自信があるので大丈夫です。ホットフードの管理やその他雑用はしてみないとわかりませんが全力でがんばりますと即答したのが良かったんだと思います。

 

・きつい?仕事内容は?
私の勤務していたのは夜22時-朝8時までの深夜帯です。まず最初にするのは商品発注準備と商品賞味期限のチェックです。勤務開始した時点で夜22時、日付変更まであと少しなので日付で賞味期限を区切ってる商品のチェックから入ります。そして商品在庫量の確認をしつつ自分の分担となる商品コーナーの発注をします。これにあわせてホットフードフード陳列ケースの清掃やオデンケースの清掃もします。これが終わった頃に紙パック系のジュースやデザートが届くので、これを検品してから陳列です。終わった頃にお菓子やジュース、日用品雑貨といった他の商品が届くので検品と陳列、終わった頃に余った雑誌の返本作業やもうすぐ届く雑誌陳列の為に本棚スペースの管理を行います。この時に本棚コーナーの清掃を行いつつ雑誌到着後に並べていきます。本作業が終わる頃には朝6時頃になってるので早朝のお客様用にホットフードを作りつつジュース類の補充を行います。朝のお客様の混雑ラッシュが終わる頃には8時になってるので交代の為にレジ〆をして金銭のチェックをして終了です。休憩時間をまともに取ることも出来ない日があり、想像以上に大変でした。

 

■良かった点などの評判
メリットは希望時間に働けた事です。学校が終わってからの短時間とか週何日などの希望が出しやすかったことです。また廃棄になったお弁当などが沢山残りお腹空いたときに食べれたことです。ご飯代がかかりませんでした。デメリットは色んなお客さんが来ることです。酔っ払いや怒りやすい人など客層にバラつきがありました。

 

少し家から離れたお店だったので、ちゃんと通えるかをすごく聞かれました。また「いらっしゃいませ」などの挨拶が大事なので大きい声でしっかりと言えますかと聞かれました。沢山入れる時間がありフレキシブルな人ですと比較的受かりやすいかと思います。またレジの経験があるかも聞かれました。操作が主ですので今まで触ったことがある人は有利だと思います。

 

・きつい?仕事内容は?
勤務前にトイレの掃除をしてからレジ回りに入ります。手提げ袋や必要な備品があるかを確認したり、お釣り銭もちゃんとあるか確認します。レジ操作は商品だけでなく、ロッピーや宅急便の受付全てに使用します。唐揚げ君や肉まんなどホットフードの調理やショーケースに並べたり売れなかった食品の廃棄も忘れずにします。お客さんが居ない時はフロアの棚を確認し商品の補充や整理整頓をします。飲み物の補充も気づくと空になっている場合があるので補充をしに行きます。

 

■良かった点などの評判
高校生の時にローソンでアルバイトしていました。ローソンもそうですが、コンビニでアルバイトをするメリットは、やっぱり高校生でもアルバイトできるところでしょう。まず、高校生を受け入れてくれるアルバイト先は、コンビニかファーストフード店か?といった選択肢ですから。デメリットはもちろん、忙しく動き回らなければならないところですね。レジもやっていたのですが、わりと毎回プチパニックでした。タバコの銘柄も覚えなければいけませんし。

 

面接で聞かれたことは、どこも同じですが「週にどのぐらい出られるか」ということですね。後は、家がどの辺なのかと聞かれました。家からローソンまで何分で来られるかが重要だそうで。それと志望動機ですが、「高校生がアルバイトできるお店はローソンかファーストフード店ぐらいだから」と思っていることをそのまま言った記憶があります。でも採用されました。

 

・きつい?仕事内容は?
仕事の内容は、どの時間に入ってもだいたい同じなのですが、商品の陳列とレジですね。高校生だったので、レジはやらなくていいかと思ったら、10代でも担当しました。けれども、忙しい時以外はやらなくても良かったですね。レジに二人入る時以外は、やらなくて良かったところが救いです。店長がいる時は店長がレジをやってくれていましたので。研修が1週間ぐらいあって、その後はもうベテランアルバイトの方と同じぐらいの働きを求められましたね。ひとつひとつの作業は難しくはないのですが、とにかく覚えることがたくさんで、これならば地道にテスト勉強をしていた方が楽だと何度も思いました。

 

■良かった点などの評判
メリットは、自分のライフスタイルにあった時間帯や日数で働くことが出来ることです。日中、仕事や学業のある方も早朝や深夜の時間帯に週2日程度であれば働くことも可能ではないでしょうか。また、新商品のお菓子の入荷がスーパー等大型店よりも速いように感じました。デメリットは、クリスマスのケーキ等、店のノルマのために購入しないといけない場合がありました。これは、各店舗によって違うかもしれません。

 

なぜこの店を選んだのか?と聞かれました。面接成功のポイントは、その店でどうして働きたかったかを明確に述べたことでしょうか。ローソンであればそれこそ店舗も多いでしょう。その中からこの店を選んだ理由がはっきりしているのであれば、相手に自分が働く意欲のある人物であると印象付けることが出来るのではないでしょうか。

 

・きつい?仕事内容は?
レジの業務、店内の床やトイレの清掃、商品の検品品出し、陳列、フードの調理等です。業務内容が多岐に渡るため、慣れるまで大変でした。けれど、このおかげで時間内に作業を終わせるためにはどうすれば良いのか、考えるクセをつける事ができたと思っています。扱っているタバコの種類が多いため初めは銘柄がわからずとまどいました。うろたえてしまっている時にお客様に助け舟を出していただいたこともありました。銘柄を覚えて、常連のお客様に即座にお渡し出来た時、喜んでいただけてとても嬉しかったです。

 

■良かった点などの評判
ローソンでバイトをするメリットは会話力が上がる事です。同じクルー同士でも分担して作業を行うわけですからある程度のチームワークが必要になります。レジでは多くの知らない人が客としてくるので接客をしているうちに話す事が楽しくなり会話力の向上に繋がります。デメリットは、食生活が偏る事です。ローソン弁当を食べたり、夜勤などのシフトに入ると昼夜が逆転して健康に影響する可能性があります。

 

面接で一番最初の質問は本を読む事が好きか嫌いかでした。私は嫌いで小説は読みませんと答えましたが、合格しました。志望理由なども聞かれましたが欲しいものを買うためにお金が欲しいからと全て正直に答えました。面接成功のポイントは気取る事なく来た質問に正直に答える事が一番大事だと思います。質問の答えよりもしっかり受け答えが出来ているかが大事です。

 

・きつい?仕事内容は?
ローソンでの仕事のメインはレジです。とても混んでいるお店だったので、お昼や夕方などは、列が出来るほど並びました。次々に来るお客さんをなるべく早く、かつスピーディに会計を終わらせなければいけません。お昼などはお客さんの休憩時間が限られている為、ピリピリしている事があります。なので、お客さんを見抜く観察眼が大事です。レジ以外にも商品の陳列をす類品出しや前陳、お金を数える清算や点検、運ばれて来た荷物を合っているか確認する検品といった多くの仕事があります。

 

■良かった点などの評判
ローソンのアルバイトのメリットは時間の融通をきかせてくれることです。学生だった私は、時間にばらつきがあったので大変助かりました。また、接客以外にも商品管理などがあったりと色々な面で勉強になると思います。しかし、時給は最低賃金になりますのでお金を稼ぎたいという方にはあまり向かないと思います。時間が優先的であり、給料が低くても構わないという方にはお勧めします。

 

面接の時は、出られる時間帯とコンビ二経験の有無を聞かれました。しかし、当時の店長の話では質問の内容よりも元気があるか、ちゃんとお客様に失礼がないような対応が出来るかどうかを見ていたそうです。ローソンも接客業ですので、明るく元気のある人材を求めています。対策としては、最低限のマナーを守った格好と笑顔で面接に挑むことかなと思います。ちなみに私はそうちて雇っていただけました。

 

・きつい?仕事内容は?
ローソンは楽なイメージを持たれている方が多いですが、とんでもありません。掃除から商品の管理までやることは沢山あります。また、時間帯によっては忙しい時間と暇な時間に落差があり、すぐにでも対応できる準備をしておかないと慣れるまではかなり大変だと思います。 また、未成年が知らない顔してタバコなどを買おうとしたりするので、年齢確認もしっかりしなければなりません。もしやらずに販売したりでもすれば、信用を失いその店が閉店することだってあります。もしローソンでアルバイトをしたいと考えているかたがいましたらしっかりと気を引き締めて業務に挑むようにしてください。